平成元年(89年)の2320万人から約30年間でおよそ3分の2に減ったことになり

【キャロウェイ 2) Zaffiro (Basileus 2 Zaffiro バシレウス 純正スリーブ装着シャフト】 アジャスタブルホーゼル dd302oorn71346-シャフト

明るい猫ニュースだけを、毎日。

優勝を意識した2回目は失敗して表彰台も逃し

【キャロウェイ 2) Zaffiro (Basileus 2 Zaffiro バシレウス 純正スリーブ装着シャフト】 アジャスタブルホーゼル dd302oorn71346-シャフト

イケメン半裸のムキムキ消防士とフワフワ猫がコラボしたチャリティ・カレンダー!目の向けどころに困る。

いろんな意味でた・ま・ら・ニャイ。   生き物として対局にあるものがコラボ 消防士さんってかっこいいよね。そもそもみんなを助けるヒーローだし、たくさんトレーニングしてるから、筋肉もついてるしね。 ...

法定雇用率を下回ると不足した人数分の納付金を徴収され

「永遠の子猫」リルバブが死去。遺伝子疾患を持って生まれ、数々の奇跡を起こした猫。

ありがとう、リルバブ。あっちで、きっと今頃走り回って遊んでいるかな。   奇跡の猫リルバブが死去 今週月曜日、240万人ものフォロワーを持つ全米で大人気の猫 "リルバブ"...

系統を超えて各新聞販売所が率先して地域の抱える課題を克服していこうとする姿勢や

猫好きな保安官さんがいる地域って、とっても心強い。   接着シートに子猫が 先月4日の午前1時半ごろ、アメリカ・カリフォルニア州アラメダ群の保安官事務所に緊急要請の電話がなった。ネズミ捕り用の接着シートに、子猫がハマってしまって動けなくしまったという。 保安官*...

個人第18戦で3位に入った小林陵侑の1回目の飛躍=2日

下半身付随の猫と新米ドクターが築いた友情。「世界に優しくすれば、世界が優しくしてくれる」

幸せにしようとしてたら、実は幸せにしてもらってた、って気づく。   半身不随の猫と医学生 アメリカ・ミズーリ州の大学病院でこの春から新米内科医として勤めるサムさんは、下半身付随の猫のスクーターと暮らしている。 View this post on...

「失礼なやつ」と言われる覚悟をもって接していると持論を展開しました

保護したかわいい子猫、実は”小さなライオン”と呼ばれる野生の「ジャガランディ」だった。南米アルゼンチン。

今頃広い森でめいっぱいヤンチャに遊んでるのかな。   見つけたヤンチャな子猫 南米・アルゼンチンに住む18歳のフロレンシアさん。ある日弟と一緒に釣りにでかけていたところ、茶色い2匹の幼い子猫を見つけた。その横にはママ猫がいたが、すでに亡くなっていた。 ...

メガネ屋さんの助手猫、子供たちのためにメガネのお手本を見せる。「メガネは怖くないよ」

猫ってやっぱり招き猫!   メガネをかけたメガネ屋さんの猫 アメリカ・ペンシルベニア州にある "A Child's Eyes" は、子供用メガネ専門のメガネ屋さん。ここで助手を務めるのは、フワフワの猫のトリュフ。 View this post on...

オーストリアのバートミッテルンドルフでフライングヒルによる個人第21戦(HS235メートル

氷点下、外にいた5匹の子猫。野良犬が覆い被さり寒さから守られているところを発見&無事に保護される。

動物同士でこんなに優しくなれるんだから、人が動物に優しくなれない訳が無い。   雪に覆われていた野良犬 今月半ばの夜、カナダの首都・オタワの路上で野良犬が見つかった。その日の気温は、”絶対外には出たくないしコタツの中で丸まっていたい” マイナス3度。 ...

ご近所から靴ばっかり盗んでくる泥棒猫、圧巻の盗品コレクション。笑い飛ばすコミュニティが素敵。

「あれ?ここにあったアレが無い・・」って思ったとき、実はそれ、猫の仕業かもよ。   ご近所から盗んだ靴は数百足 ニュージーランド中心部にある街、ランギオラ。ここに住む地元住民を恐怖で震えさせている泥棒猫は、キジトラ猫のクーパー。 ...

翌90年も「銘柄によっては値上がりしていた」ことから売買を続け

みんな大好きな猫の尻尾。そのフワフワの下ってどうなってるか知ってる?   丸裸の猫のお尻を見たことがあるか カナダ・アルバート州に住むドンさん。一緒に暮らす茶トラの猫は先日、手術を受けた。 ...

犬のような猫、地元のパブに入り浸り特製のミルクを楽しむ。都会暮らしのライフスタイルを満喫。

犬みたいなライフスタイルを送る猫がいる。   リードをつけてお散歩を楽しむ猫 猫といえばお家の中でゴロゴロしているか、お外で自由にいろんなとこに一人で行くのが定番。でも、犬みたいにリードをつけて家族と一緒にお散歩を楽しむ猫がいる。 ...

ネットを騒がせた体重12キロの巨大な猫、家族が決まり保護猫活動をPR。「小さなことから」

続け!幸せの連鎖!   巨大な猫が話題を独り占めした夏 今年8月末、ネットの猫好きのあいだで有名になった、アメリカ・フィラデルフィアにある保護猫シェルターにいた巨大な猫のビージェイを覚えているだろうか? ...

           

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。